ニキビとストレスの関係性

ニキビとストレスの関係性

ストレスによるニキビの影響

私達は、仕事、勉強、恋愛など毎日色々なところからストレスを受けながら生活しています。ストレスを受けると危機的状況とからだが判断し、防衛反応がはたらきます。自分の身を守るために興奮状態になり、アドレナリン、ノルアドレナリン、ステロイドホルモン、男性ホルモンが分泌されます。これらの分泌物により、心臓がドキドキしたり血液を上げたり精神を高ぶらせたり緊張状態になります。このような状態が長く続くと、交感神経(からだが緊張した状態)が優位に働き自律神経のバランスが崩れたり、血圧上昇、消化能力の低下など及ぼします。精神的にも不安定な状態になりからだ全体に悪影響を与えます。肌も外部から身を守るため肌が強張り毛穴づまりしやすい状態になりニキビの原因となります。

アドレナリン、ノルアドレナリン、ステロイドホルモンの影響

  • ・血糖値が不安定になる
  • ・免疫力の低下
  • ・消化機能の低下
  • ・血圧が上がる
  • ・肌の柔軟性が失われてニキビになる
  • ・ミネラルバランスが崩れてむくみ吐き気がする
  • ・精神が不安定になる

ストレスニキビにならないようにするためには

ストレス発散させることと、どんな状況でも精神を安定させることです。 ストレス発散には軽い有酸素運動が最適です。あまり筋肉を酷使した運動をするとかえってステロイドホルモンが分泌されて 良くないです。軽いジョギング、ウォーキング、ヨガなどが良いです。 また、精神を安定させるためには、瞑想が効果的です。なにも考えずに鼻から大きく息を吸いゆっくりと口から息を吐きましょう。 息を吸ったときにお腹をふくらませ、吐くときお腹をへこませるイメージです。朝、夜たった5分だけでも効果があるのでおすすめです。 瞑想はストレス発散にもなります。できるだけストレスと上手に付き合いニキビにならない生活習慣を身につけていきましょう。

リプロスキン 怪しい ニキビ対策 妊娠 ニキビ